地域包括ケアシステムの推進

「あなたのところ(施設)には、つながりを感じるのよ」

 

訪問リハビリ中に、語られた一言です。

意味を伺うと、ショートステイ利用中に、見覚えのあるリハビリスタッフが挨拶をしてくれたことに感動したようです。

お泊りへの不安があったようですが、知っている顔が表れることへの安心感が「つながり」として表現されていました。

 

フェアウインドきのには、入所、短期入所(短いお泊り)、通所(通い)、訪問リハビリサービスがあり、垣根のない連携を心掛けています。

 

京都洛北地区も全国同様、高齢化が加速していきます。地域でのつながりがとても重要になるため、医療と介護、地域の方々との協力体制づくりに力をいれていかなければなりません。それが「地域包括ケアシステムの推進」です。

 

今年4月の介護保険改定では、病院と地域事業所とご家族との繋がりが一層推進されます。

私たちも介護老人保健施設として、リハビリテーション機能をしっかりと果たしていきます!

作業療法士:小松顕

リハビリ科HPのQRコードです!