通所リハビリの身体機能改善率

当施設のデイケア(通所リハビリテーション)では、日常生活の動作場面で生じる問題課題の解決へ向けて、リハビリ職員が機能練習を実施しています。

リハビリマネジメントⅡでは、担当ケアマネジャーや居宅サービス事業者の皆様とともに、定期的な会議をもち、課題の到達程度を確認しています。

 

上のグラフはデイケアとデイサービス(通所介護)で、身体状況の改善程度についての比較です。(厚生労働省介護給付費分科会資料より)

通所リハビリの方が維持改善率が高く、特に介護度の高い方の改善率が高いことがよくわかります。

 

最近では、通所介護でもリハビリ特化型デイが地域で増えており、一概に比較はできませんが、これからは単なるお預かり施設よりも、特徴ある運営を行なう施設が選ばれる時代になっていきます。

 

フェアウインドきのでは、これまで以上に在宅生活支援を理念としたサービス提供に励んでいきます!

リハビリ科HPのQRコードです!