在宅強化型老健とは?

厚生労働省は平成24年度より、在宅復帰支援機能を強化する視点から、在宅強化型施設を創設しました。

 

強化型施設と認められるためにはいくつかの基準があります。

 

①在宅復帰率が50%を超えていること

ベッドの回転率が10%以上であること

③要介護度4または要介護5の利用者が35%以上であること

 

これらの基準をフェアウインドきのはクリアし、平成29年8月から強化型老健として地域支援活動をおこなっています。

リハビリ科HPのQRコードです!