実習生の感想より

橘大学理学療法学科の学生さんが6週間の実習を終えました。

実習の感想をいただきました。

 

Q.当施設での実習はいかがでしたか?

 

A.あっという間に終わった感じです。たくさんの利用者様と関わる機会が持て、苦手だったコミュニケーションにも自信が持てるようになりました。

 

Q.コミュニケーションは上手にとれていたように思えましたが?

 

A.実は問診が苦手だったんです。前回の実習では聞き出したいことがうまく聞けずに困っていました。何から話していいのかわからなかったんです。でも、こちらでたくさんの利用者様とお話する機会があり、いきなり核心の質問をするよりも、関係性を築けるような話をした方が、本当に必要な話が引き出せるように思えたんです。

 

Q.具体的にはどんな内容を話したのでしょうか?

 

A.生活を支援するという視点を先生方から教えていただきました。特に生活面での話から話題を膨らませて展開していくと、どんどん生活像が見えてきて、本当に困っていることが理解できるようになったと思います。

 

Q.老健のイメージはいかがですか?

 

A.施設の良さはたくさんお話ができることだと思います。単なる集団体操や短時間のリハビリというイメージがあったのですが、しっかり個別リハビリをしていますし、その中で利用者様個人の生活課題についても考察されたうえで、プログラム提供していると思いました。

 

Q.これから老健実習をする後輩へ一言お願いします。

 

A.お話できる機会がたくさんあるので、失敗を恐れずに話してみてはいかがでしょうか?うまくいかないこともありましたが、チャレンジすることで気づくことがあります。生活面のお話を特におすすめします。

 

6週間の実習お疲れ様でした。

リハビリ科HPのQRコードです!