「役割」をいかにとらえるか

私たちスタッフはご利用者からたくさんの知恵や知識を教えられることがあります。

 

とある訪問リハビリご利用者の話ですが、お店の経営をしていた方だったので、

「繁盛させるための秘訣を一つだけあげるとしたら、どういうことが考えられますか?」と質問しました。

 

すると、「お客さんに気にいられることやね。気に入られたら本当にしんどい時に、他のお客をつれてきてくれて、協力してくれる」

「これがうちのやり方や!といって押し付けてもしょうがない。今はもうそんなん通用しないかもしれんけどね・・・」

 

なるほどです。

 

このご利用者は認知症がかなり進行していますが、こういう話では奥深いことを語ってくれるのです。経営者としての役割をしっかり果たしているわけです。

 

認知症高齢者であっても役割がはっきりしていれば、元気に暮らすことができます。

 

私が教えてもらった内容も、現代風にいえば、

「しっかりマーケティングしないと、お客が離れていきまっせ」ということでしょう。

 

私たちセラピスト自身も、その役割をしっかり認識する必要性がありますね(笑)

 

 作業療法士:小松顕

 

 

 

リハビリ科HPのQRコードです!