2014年の過去記事

2014年

12月

27日

今年も残りわずか!

3階の壁にはカウントダウンカレンダーが出現しています!

なかなかアートですよね!!


みんな元気に新年を迎えられますように!

0 コメント

2014年

12月

24日

年末年始の業務予定

リハビリテーション科は12月30日~1月3日までの期間が休みとなります。

新年は1月4日(日)よりスタートとなります!

よろしくお願いします!!

 

0 コメント

2014年

12月

23日

実習生の評価・・・

フェアウインドきのへリハビリ学生がたくさん学びに来ています。

学生さんは真剣、そして一生懸命です。

その学生さんを指導するスタッフも一生懸命です!!

夜遅くまで学びの状況を確認しています。

来年も10名を超える未来のリハビリ士がフェアウインドへ訪れます!!

スタッフもレベルアップしていきます!!

リハビリ主任:小松顕

0 コメント

2014年

12月

20日

老健協会の研修会で発表!

今日は京都老人保健施設協会での研修会です。

テーマは生活リハビリテーション効果検証事業の成果発表並びに、成果を地域へ発信する準備勉強でした。

委員会よりフェアウインドのケースが選ばれ、報告を行いました。発表してくれたのは2階フロアの福永介護福祉士、そして塚本OTです。

 

生活リハビリのとりくみによって、生活リズムの変化や動作能力向上が生まれたケースです!!ケアスタッフを中心にリハビリ・看護と協力してとりくんだ成果です!!

これからも頑張っていきます!!

0 コメント

2014年

12月

18日

雪景色!!

今朝から日本各地は大雪ですね!

岩倉もまだまだ降り続いています。

12時の施設周りの景色です!!


インフルエンザが流行っているようです。

みなさん気を付けましょうね!!

0 コメント

2014年

12月

17日

職員忘年会

先週の土曜日は職員忘年会でした!

今年フェアウインドきの開設9周年です。

スタート当初はリハスタッフ3名でしたが、現在11名のチームへと成長しました!!

地域の声をキャッチして、地道に歩んできた9年間。いろいろなドラマがありました(笑)。

そして来年、10周年!

これからも頑張ります!!

0 コメント

2014年

12月

16日

シーティング勉強会

12月の勉強会は野間PTが担当!

シーティングとは長時間車いすなどで座る方にとって、安楽な姿勢を調整することです。

 

今回はスタッフをモデルにして、参加者みんなで考えて体験するワークショップ形式で実践。リハビリ室にある座布団やタオルだけを使って調整をはじめました。

 

実習に来ていた大阪医療福祉専門学校の学生さんも、一緒になって車いすの調整を学びました。

 

スタッフが悪戦苦闘しながら、取り組み様子は写真でチェックしてくださいネ。

(真面目なところも見てください!!)

 

実は一般的に使用されている「標準型車いす」というのは、長時間座位には不向きです。(座布団や専用のマットなどの使用を勧めます)

 

利用者様にあった姿勢づくりに、これからもリハビリチームは励んでいきます!

0 コメント

2014年

12月

12日

クリスマス会 ~リハビリ部門の発表

リハビリの発表シーンです。

課題曲ジングルベルのパフォーマンス!!



0 コメント

2014年

12月

10日

リハビリ部門勉強会~訪問リハビリ~

訪問リハビリスタートに向けて全リハビリのスタッフを対象に、「訪問リハビリ」の制度や役割について学びました。講師は顧問の朴理学療法士です。

介護保険を理解することで、自分たちの役割が見えてきます。

単なる家庭でのマッサージではなく、地域から求められるリハビリを行っていきたいと思います!

0 コメント

2014年

12月

10日

施設内勉強会 12月はTQM

今日は施設内勉強会でした!

稲門会で行っているTQM活動の発表デモンストレーションです。

1年間のとりくみを熱く発表してくれました。本番は12月20日です!!

0 コメント

2014年

12月

07日

クリスマス会

12月6日(土)はクリスマス会でした。

各部署が歌を披露しました。

課題曲の「ジングルベル」とクリスマスに関する自由曲を、利用者さんの協力も得ながら歌いました!

リハビリ部門は「あわてんぼうのサンタクロース」を抜群のチーム力で披露しました!

0 コメント

2014年

12月

02日

訪問リハビリ開始します!

京都市からの認可もおり、12月1日より訪問リハビリが実施可能となりました!

本日、車が納車され、着実に準備が進んでいます!!

1月から本格的スタートです!!

よろしくお願いいたします!!!

0 コメント

2014年

11月

26日

京都老人保健施設大会


11月20日は京都老人保健施設大会でした。

 京都府で実施した生活リハビリテーション検証事業の成果報告もなされました。 ICFステージングでは、歩行移動、基本動作、トイレ動作の項目で20~30%の改善。

食事や嚥下、心理・認知面の改善は10%程度でした 生活リハビリとしては大きな動作ほど成果は大きいようです。

次年度の改定も視野にいれて、足元を見つめる必要があります!

2 コメント

2014年

11月

17日

嚥下勉強会へ参加

今日はOT小松とST山下が民医連中央病院のNST勉強会に参加しました。今回は嚥下について。

地域の事業所からリハビリ士のみならず、ケアマネジャー、ホームヘルパーなど数多くのスタッフが集まっていました。本当にみなさん熱心です!!

勉強会では嚥下に関する基本的評価の仕方を学習しましたが、病院では情報収集でEAT-10というシートを使っているとのこと。これはスクリーニング評価として本人に気になる症状を10項目4段階で聞くというものです。

しっかりと意思表示できる方にはうまく使えそうだと思いました。

0 コメント

2014年

11月

14日

毎月旅行に行ってます!

股関節の手術後、半年が経過。

「現在は毎月のように外出や旅行をしています」と語るデイケアの利用者さま。

元気の秘訣は、外出を楽しむことにあるようです!!


痛みや機能障害は確かにつらいものです。

生きる気力を奪いかねません。


しかし、マイナス要因に目を向けてばかりいると、

「できない自分」「情けない自分」と自分自身に呪文を掛けてしまいます。


そうすると、心の中にあるもう一人の自分が、「できない自分」を実現しようとします。

一種の暗示をかけてしまうんですね。


そんな時は、苦しい現実や過去に目を向けるのではなく、

自分を喜ばせるような楽しいこと、これからの希望に目を向けた方がいいんですね。


今回の利用者様は、元々外出が好きでした。

もちろん手術直後は車椅子生活でしたが、楽しい明日を考えているうちに元気になっていったんです!


元気の秘訣は「楽しむこと」です!!


0 コメント

2014年

11月

10日

文化祭開催中!

フェアウインドきのでは、11月15日(土)まで文化祭。

利用者さまの作品や各フロア、委員会などの展示発表が行われています。


施設に足を運んだときには、個性あふれる力作をご覧ください!!!


0 コメント

2014年

11月

08日

今月のリハビリ勉強会は「上肢の治療」

上肢の治療方法について、スタッフで学びました。


手首を調整すると、肩や体幹への影響も現れます!


治療デモの動画をとりました。


参考までにどうぞ!

0 コメント

2014年

11月

07日

9週間の実習を終えて

リハビリ科で実習していた大阪医療福祉専門学校の学生さんが、9週間の実習を終えました。

今回担当していた利用者様は、ちょうど実習終了前日に在宅へ戻ることができました。


実習生さんの感想です↓


  • はじめは認知症の方とのコミュニケーションが取れにくかったんです。どのように話し掛けていいのかわかりませんでした。リハビリスタッフ、ケアスタッフさんの様子を参考にして、声をわかりやすいように大きくしてみたり、抑揚をつけたり、笑顔をいつもよりみせてしゃべってみたりと工夫してみました。担当ケース様も、他の利用者様も笑顔でしゃべりかけてくれるようになり、「ありがとう」と感謝の言葉ももらえるようになりました。段々たのしくなっていきました!!
  • リハビリスタッフの皆さんとのコミュニケーションがとりやすかったのがうれしかったです。他部門のスタッフさんもやさしくしてくれました(笑)。チームの雰囲気が良くて‟働きやすい環境”ってこうゆうことだなって思ったんです。
  • 利用者様の治療場面を沢山経験させていただきました。関わる側の体調や気持ちの持ち方で、利用者様の反応が違うこともわかりました。
  • 今回の実習を通して、作業療法士とは「利用者様のやりたいこと、つまりニーズを深く見つめる役割がある」仕事だと感じました。


9週間の長期実習でしたが、とても学生さん頑張ってくれました!!

0 コメント

2014年

11月

01日

感染予防の施設勉強会

本日は施設内勉強会です。

 

冬場に流行する「インフルエンザ」「ノロウイルス」を理解し、予防と対策について学びました。

 

今回は嘔吐処理の方法を実演。

 

ノロウイルス感染時の嘔吐は噴射的です。

ですから思った以上にウイルスは飛散します。

 

直ちに換気し、広範囲に渡る除染が必要となります。

 

また、掃除した手袋の処理の仕方も考えました。

嘔吐物が付着した手袋で、当たりを触るといけません。

ですから、2枚重ねにしていると拡大を防ぐことができます!

 

これから感染症流行シーズンに突入します。

 

予防には手洗いとうがいが一番です!!

 

体調管理に気を付けましょう!!


0 コメント

2014年

10月

30日

リハビリ部会の研修へ

今回は京都老人保健施設協会のリハビリ部会研修会。

「摂食嚥下障害者への援助」というテーマで学んできました!

 

夜7時からですが、90名程度のセラピスト及び介護職が集まり学びました!!

 

実際にプリンやハッピーターンを食べて舌の動きや唇の役割を確認したり、実際の摂食嚥下介助の方法や、事例紹介で学びを深めました。

 

今回の発見は

・薬:シスペリドンで嚥下機能低下している割合が多いこと、

・栄養状態の悪化(アルブミン2.0以下)になると、嚥下機能が低下すること

・夜の唾液による誤嚥が非常に多い。粘性のある唾液を側臥位で出すようにするなど配慮。

・窒息は嚥下障害軽症者に多い。咀嚼不十分ながらも食べている人(認知症により食べにくいといえない方)に多い。

 

知っているようで知らないことがたくさんありました!

0 コメント

2014年

10月

26日

「やってもらう」から「自分でする」をめざして

「今日もリハビリやってもらおう

 

私たちリハビリスタッフが悩んでしまう言葉です・・・

 

従来のリハビリは「やってもらう」ことが中心でした。

ですから、病院や施設にいるときは運動量がありますが、家に帰ると寝たきりや、座ったきりになってしまうケースが多いと感じます。

 

本来のリハビリは、「自分でできることは自分でする」ことです。

朝起きたら洗面所で顔を洗い、トイレで用を済ませ、食卓で食事をとり、外の空気を吸う、人と話をする、買い物に行く・・・、つまり当たり前の日常生活を送るという基本的なことがリハビリになります。

 

これからは介護予防の時代です!

 

主体的な生活。

 

機能的なリハビリの先にある、「目的意識」が大切です。

 

もっと歩けるようになったら、どこへ行きたいか?

腕が動くようになったら、どんな活動をしたいか?

どんな生き方をしていたいか?

 

などなど、自分らしくやりたいことの実現をめざしませんか?

 

当たり前と思っていたことでも、ひとつひとつ自分でやってみませんか?

 

そして「できる自分」を素直に褒めてください!

 

家族の方はできる親を称えてください!!

 

 

 

 

0 コメント

2014年

10月

22日

下肢筋力低下を予防しよう!

下肢筋力の低下により、転倒リスクが高くなります。

 

日々できる体操「下肢筋力低下を防ごう」の紹介動画をアップしました!

 

 

0 コメント

2014年

10月

22日

美空ひばりショー

地域のボランティア(BBマミー)さんによる「美空ひばりショー」が開催されました。

 

さすが、とても素敵な歌声を披露してくれました。

 

利用者様にも笑顔があふれます!!

 

小林旭も出てきたり・・・・楽しいひと時でした。

 

 

0 コメント

2014年

10月

17日

実習生の感想

佛教大学から2名の学生が、老人保健施設での作業療法を学びにきていました。

 

3週間経験し、今日が最終日!

 

多くの体験をしていただきました。

 

実習生の感想です!

 

「実際に多くの利用者のリハビリ場面を見学させて頂きました。実際に担当し身体に触れる機会も沢山つくってもらい、今までの実習では見れなかった下肢に障害を持った方のリハビリを体験できました。」

 

「丁寧にスタッフさんから教えてもらいました。今までぼんやりとしか理解していなかったこともはっきり分かるようになりました。また、わからないことをもっと知りたいと思い、自分でも調べて理解を深めることができました。」

 

「自分の身体の使い方を教えてもらいました。利用者さんの治療を実際に行い、指導をうけることで、身体の力を自然に使えるようになったと思います」

 

 

学生さんに沢山学んでいただきました!!

 

将来の作業療法士に期待します!!

0 コメント

2014年

10月

15日

夕暮れの幡枝


フェアウインドを包む秋の空。

山蔭に暮れなずむ岩倉幡枝の景色です。

 

四季を感じるすばらしさ・・・。

 

来月は文化祭です!

0 コメント

2014年

10月

08日

サルコペニアの勉強会

リハビリテーション科の勉強会。

 

今回は「サルコペニア」がテーマ。

 

聞きなれない言葉ですね。

 

筋肉の質と量が低下している状態をいいます。

 

このサルコペニアは単なる虚弱とかではなく、肥満体型であっても、筋肉量が低下することで発生します。

 

人体の筋肉が低下していくと、結果的に運動機能が低下していくことになります。

 

診断には特殊な機械が必要なのですが、目安として

握力が男性30kg以下、女性20kg以下、

ふくらはぎの周囲径が31cm以下

などがあります。

 

そうすると、後期高齢者の大半がサルコペニアということになります・・・。

 

予防のための健康な体作りが大切です!!

0 コメント

2014年

10月

06日

こむらがえりになる理由

声がでなくなるほど痛みが襲うこむらがえり。

 

明け方や、足を延ばしたとき、海水浴などでよくなりますね。

 

このこむら返りの原因ご存知ですか?

 

①睡眠不足

②疲労により、筋肉に乳酸がたまる

③水分不足

④ミネラル不足

⑤ビタミン不足

⑥アルコールの取りすぎ

⑦運動不足

などがあげられます。

 

ですので、予防法はこの逆を心がければいいわけです。

 

よく寝て、水分やミネラルを補給し、適度に運動する。

寝る前に一口水を飲むだけでも効果ありますよ。

 

万一起こってしまったら・・・

ふくらはぎを伸ばすこと。

私の場合、近くの壁に足の裏を押し付けてふくらはぎを伸ばします。

 

大切なことは、不摂生を避けることです!!

 

 

 

 

0 コメント

2014年

10月

04日

ハロウィン運動会!

今日、10月4日は、施設の運動会です。

毎年恒例の「ハロウィン運動会」。スタッフの仮装、利用者様も被り物をつけての運動会です。

 

みんなで秋空の下でハッスルしました!!

 

0 コメント

2014年

10月

03日

手が冷たい人は心が温かいってホント?

それはウソです。

 

何の根拠もございません!

 

「手が温かい人は心も温かい」というのが正解なんです!!

 

手が温まると、大脳の島皮質という部位が興奮します。

 

この島皮質は、身体を場所を認識したり、情動をコントロールする箇所です。

 

島皮質が興奮することで、豊かな情緒へと導かれます。

 

 

ですから、冷たい手ではなく、手を温めてから人を触ってください。

相手も、自分も癒されるますよ!!

 

0 コメント

2014年

10月

02日

触り方の勉強会!

毎月部門内勉強会をさせてもらうようにしています。

アウトプットすることはレベルアップにつながります!!

 

今回は「治療技術を高めるための触れ方~皮膚科学から学ぶ」というテーマです。

皮膚の研究は、学校で学んだ解剖生理学より随分進んでいますね。

 

傳田光洋先生、山口創先生の文献を参考に学びました

心地よいタッチの技術を学び、治療デモの実践を行いました!

 

意識の持ち方など、濃ゆい内容も飛び出してましたが、

みんなで触診技術を上げていきました!!

0 コメント

2014年

9月

30日

肥満度チェック

ご自身の肥満度をご存知ですか?

 

最近ではBMI(Body Mass Index)という言葉がテレビでも流れています。

このBMIとは、体重と身長の関係から算出する肥満度を表す体格指数のことです。

 

 BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

  

BMI指数22が標準とされ、統計上ではもっとも病気になりにくい体重と言われています。

 

26.4以上になると肥満体型を意味しています!

 

【解消にお勧めなウォーキング】 

 ウォーキングは歩くという動作に合わせて呼吸を行う有酸素運動です。なので酸素が血液を通して体中に送られて代謝がよくなります。ホルモン分泌も活発になり、肌の新陳代謝もアップしますよ。

 

0 コメント

2014年

9月

27日

民謡ボランティアさん

地域の民謡サークルさんが慰問してくれました!

本格的な民謡を聞いて「やっぱりええな。音楽はええな!鳴り物が入るとにぎやかでよろしいな!」と利用者の皆さんも盛り上がりました。

 

地域とのつながり。とても大切です!!

0 コメント

2014年

9月

23日

洛北岩倉の秋!

すばらしい秋の空が続いています!

フェアウインドきのから見つめる洛北の澄み渡る空。素敵です!!

 

畑の隣には彼岸花が咲き、さつま芋のつるが勢いよく伸びています。

 

そんな中、リハビリの一貫で行っている「ふれあいクラブ」では、屋外でのお茶会を行いました。

 

同じお茶でも、環境が違えば格段に美味しく感じますね。

 

 

0 コメント

2014年

9月

18日

下肢・骨盤帯の治療デモ動画をとりました

股関節や骨盤が改善すれば、腰の動きが良くなって腰痛改善も図れます。

0 コメント

2014年

9月

17日

もうじきハロウィン運動会!

今年は10月4日(土)がフェアウインドきの「ハロウィン運動会」です!

 

各フロアには素敵な装飾が施され、盛り上がっています。

 

秋はイベントが盛りだくさん。楽しみです!!

0 コメント

2014年

9月

09日

生活リハビリって?

「生活リハビリ」という言葉があります。
ご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?

リハビリというと、専門の療法士による機能訓練をイメージされるかもしれませんね。

従前のリハビリは、受傷後に機能練習をして、回復したあとで、通常の生活を行うというものでした。

しかし、介護保険施設では、普通の生活をすることで、機能のみならず、生活行為全般を改善していこうという考え方になりました。

ですから、パジャマのまま部屋で食事・排泄をすませることはありません

利用者様の心身状況に合わせた「ケアプラン」を作成し、生活場面で最適な介助を行うことで、目的達成するプロセスを「生活リハビリ」といいます。


京都老人保健施設協会では、現在“生活リハビリテーション実施効果検証事業”を行っています。

当施設でも現在ケアプランを作成し、取組みをスタートさせています!

先日はデイケアカンファレンスで、スタッフ一同で利用者の課題とプラン作成について考えてみました。


一部のスタッフだけが行うのではなく、全員がとりくみ、ご家族様とも連携をとっていくプロセスと一体感が大切だと感じています!!
作業療法士:小松 顕
0 コメント

リハビリ科HPのQRコードです!