医療のリハビリ 介護のリハビリ

リハビリのイメージはどのようなものをお持ちでしょうか?

テレビドラマでよく見るような、スポーツや事故などで怪我をして、平行棒の中や松葉杖を使って一生懸命に歩く練習をしている場面ではないでしょうか?

いかにも、できなくなったことを訓練して再獲得していくイメージ・・・。

⇩こんな感じで。

確かに病院では、骨折や脳卒中などの怪我や病気によって低下した運動機能を、さまざまな練習によって再獲得していくことがリハビリの目的となります。

(※リハビリテーションは英語でrehabilitationと表記されており、人生の再獲得とも訳されています)

 

では、介護保険で行っているリハビリも同じ意味なのかというと質感がすこし違ってきます。

 

病院(=医療保険)におけるリハビリは疾患の治療し、退院を目的とした機能練習が中心です。

 

一方、介護保険は病気の改善のために利用することが目的ではなく、自立した生活を行えるように「生活支援」をすることが目的となります。

 

介護老人保健施設のリハビリで生活機能を再獲得されて在宅復帰されるかたもありますが、機能改善したからといって在宅復帰できない利用者が多いのも実際です。

 

介護者の状況や家屋環境に影響されることが非常に大きくなります。

 

介護者の課題として、一緒に住まいになるご家庭に別に介護する高齢者がいたり、生まれたばかりの曾孫さんがいたり、受験生がいる場合があります。環境の課題として、段差が多く車いすでの屋内移動ができなかったり、トイレに行くのが難しかったり、山間部で介護サービス事業所がなかったりすることもあります。

 

つまり介護保険領域のリハビリでは、身体機能だけに着目していては、高齢者の生活課題を解決できないことが多いのです。

 

しかし、たとえ家に帰ることができなくとも、機能向上が見込まれないとしても、リハビリ専門職の視点を通して、自分らしい暮らしができるような提案をすることも、施設リハビリ職員の役割になります。(と、少なくとも当リハビリ科は考えています)

 

↑厚生労働省資料(H29)です。

在宅復帰困難者の老健入所の理由は、本人事情では「リハビリ」ですが、家族事情では介護ができないという理由です。

やはり、同居家族への配慮が極めて重要であると言えるでしょう。

 

【まとめ】

医療のリハビリは、病気の治療をして家に戻って暮らすことが目的です。

介護のリハビリは、家族や家屋環境、個人の特性をはじめとした「利用目的」を掘り下げて理解し、最適にバランスのとれた生活支援を行うことが目的となります。

 

(作業療法士 小松顕)

0 コメント

漢字検定にチャレンジ

当施設にご入所中のご利用者様が今年の漢字検定3級にチャレンジしました。

90歳を超えていますが、人生に限界はありません。

 

息子様が積極的に協力されており、テキストの購入や試験の申込と送迎も行ってくれました。

試験の1時間はとても緊張されていたようですが、見事合格されました。

 

そのモチベーションはどこからくるのか尋ねると、

「やってみると楽しいでっせ!」

とのこと。

 

楽しいことは苦労でなく、のびのびとチャレンジできるんですね!

 

おめでとうございます!

介護腰痛を防ぐには:総論

介護腰痛を防ぐには・・・

 

介護場面で何かと話題にあがるのが腰痛です。在宅介護は毎日毎日、朝から晩まで、時には夜寝る間もないほどに続くこともあります。常に「待ったなし」の状態で、疲労困憊し、介護する側される側の双方が共倒れするケースもしばしば・・・。ゴールが見えないつらさを語る方もいらっしゃるのが実際です。

 

つらくなる場面としては、前かがみの姿勢が続くオムツ交換や、ぐっと腰に力が入るような車椅子への乗り移りを介助者が抱えるときが挙げられます。腰周辺の筋肉疲労が積み重なって腰痛がおこり、この疲労した状況が長期化すると、何気ないきっかけでぎっくり腰になることもあります。

 

今回は介護腰痛を防ぐためのポイントを総論としてお伝えいたします。

 

 

介護腰痛を防ぐポイントは?

 

     介助姿勢を改善する

介護場面では、どうしても不自然な姿勢になってしまうことがあります。とくにオムツ交換よく見かけるのは、身体を前にかがめる姿勢です。ポイントはベッドの高さを上げたり、ベッドに片方の膝をついて利用者に近づいたりすると、腰の負担は少なくなります。

 

     福祉用具(福祉機器)を活用する

どうしても抱き上げなくてはならない場合があるのが実際です。そこで、介助者やご高齢者の体つきや、自宅の環境に見合った福祉用具を使い、腰痛予防が可能になる場合もあります。例えば、スライディングボードを使うと座った姿勢のまま車椅子に乗り移ることができます。背もたれなしで座れる能力があれば、立てない方にとっては有効な福祉用具となります。またリフトを使うことも効果的です。高齢者の身体をスリングシートで包みこみ、介助者はリモコンを操作して移乗を行うので、腰への負担は無くなります。

 これら福祉用具はレンタルが可能ですので、担当のケアマネジャーに相談することをお勧めします。

 

     心理的ストレスを軽減する

最近の研究によると、およそ85%の腰痛は原因を特定しきれない「非特異的腰痛」であるとされています。腰痛の慢性化には、腰への負担だけでなく心理社会的要因が大きく関与していると報告されています。介護場面における不安や悩みを解消できず抱えたままでいると、それだけ腰痛リスクが高くなるわけです。悩みを打ち明ける仲間がいれば、ぜひお話してみてください。

 

     腰痛予防のストレッチをする

効果的なストレッチの方法は、伸ばす筋肉を意識して、息を止めずにゆっくりと吐きながら、痛みのない程度まで20 秒から30 秒伸ばすこととされています。といっても忙しい合間にできることは限られていると思いますので、今回は松平浩先生が提唱する「これだけ体操」(参考https://lbp4u.com/koredake/)の一部を紹介します。

 

・腰をそらせる

 移乗や前かがみでの作業の後は、すぐに腰を反らせます。足を軽く開き、膝を伸ばしたままゆっくり3秒間、息を吐きながら1~2回反らせます。

・腰をかがめる

立ちっぱなしで痛くなったら、椅子に座って腰をゆっくり丸めます。足を開き、息を吐きながら床を見ます。3秒間を12回行います。

 

 

介護腰痛の予防のためには、介護者自身のケアはとても重要です。限界まで我慢して生活が破綻することは、介護される高齢者自身も望んではいないはず。私たち老健施設がきっとお役に立てると思いますよ。

中庭ラジオ体操

6月よりスタートした中庭のラジオ体操。

デイケア利用者を対象に実施しています。自ら身体を動かすことはとても大切です!

 

ラジオ体操第2も実施していますが、スタッフもまだ少し不慣れ(>_<)ですが、これから利用者さんと取り組んでいきます!

新人研修~生活期リハと運動療法

今日の新人研修は、青木主任が講師となり、生活期リハビリと運動療法について実施しました。

日々の臨床の中での疑問についても議論しながらの研修です。

真剣に取り組むほど悩みが生まれ、相談と解決が必要となります!


過去記事はこちらから