入所のリハビリテーションサービス

入所リハビリ開始までの流れ

 ○入所時

在宅生活で困っている生活上の動作を、相談員もしくはリハビリスタッフが伺い、リハビリテーションゴールを確認します。

 

説明と合意

リハビリテーション実施計画書原案を作成し、リハビリゴールとプログラム内容を提案します。


 

リハビリテーション評価・プログラム実施

身体機能などを確認し、ゴールを目指したリハビリサービスを実施します。

短期集中リハビリテーション(※1)期間中は原則として毎日個別リハビリを行います。入所直後の生活環境変化は転倒リスクや不安感も高まります。できるかぎり毎日実施することで、早く生活に慣れるとともに、生活機能の改善を図ります。


 

○リハビリプランの見直し

3か月に一度リハビリプランの見直しを行います。サービス担当者会議(他職種スタッフとの会議)を通して、ケアプランと一緒に再検討します。

 

 

短期集中リハビリテーションについて

入所してから3カ月以内が短期集中リハビリ期間です(※1)

この期間に集中した練習をすることにより、身体機能・認知機能をはじめとした練習を行い、機能の維持改善を図り、在宅復帰をめざします。

(1日1回20分 介護保険点数240点)

 

3か月を超えた場合、原則として週2回のリハビリとなります。

(主に週1回の機能練習と、週1回の集団練習です)

 

注意:過去3か月以内に介護老人保健施設を利用している場合には

   短期集中リハビリテーションの対象とはなりません。

 

リハビリスタッフによる居宅訪問指導

リハビリスタッフがご自宅を訪問させていただき、住環境評価を行います。

リハビリテーション科は「いつでも、いついつまでも」をモットーに、

どこにでも出向き、支援します!

 

○入所前後訪問指導

入所前もしくは直後にリハビリスタッフがご自宅を訪問し、これからの生活で困ると予想されるポイントを確認します。利用者様の生活課題を解決できるようなリハビリプログラムを作成・実施します。

 

○退所時訪問指導

退所前に在宅訪問を行います。実際に生活動線を一緒に確認し、環境調整や福祉用具の提案などを行います。また残りの入所期間で、さらに集中的に課題となる動作練習を実施します。

 

〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町2250
TEL:075-712-5252
FAX:075-712-5270


リハビリ科HPのQRコードです!